スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年09月18日 (日) | 編集 |
もしご自分のブログをお持ちの方がいらっしゃったら
(゚∀゚)
↑大阪弁化フィルター のペーじ

このぺーじの下の欄にご自分のブログアドレスをコピペしてみては?

8年程前からあるソフトでσ(゚∀゚ オレはしらなかったのですが
語彙がかなりあるようで、楽しめますよ

お試しを


( ゚ー゚)どうも、いさです

「タイトルが変ったようだけどどうして? というか早く死んで」

というメールをいただきました

(*゚▽゚)ノ ─━━ ←ポッキー 改め
(*゚▽゚)ノ ⊂二⊃ ←しゃうえっせん?

ちんこネタに走ろうという明確な意思の表れです

信じますか、そうですか、あっさり信じますか、うそなのに





北海道の幌舞線の終着駅幌舞の駅長・佐藤乙松は、
鉄道員一筋に人生を送ってきた男だ。

幼い一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、
彼はずっと駅に立ち続けてきた。

そんな乙松の前に、ひとりの少女が現れる。
乙松は、あどけない少女に優しく話しかけながら、
その少女に亡き娘、雪子の面影を重ねていた。

その夜、中学生の少女が駅舎を訪れた。
昼間の少女の姉であるという
乙松は、彼女を歓待してやるが、さてその翌日

またしてもふたりの少女の姉と名乗る高校生がやってきた。
17歳の彼女は鉄道が好きらしく、乙松の話を聞いたりして楽しい時間を過ごした。

だが、実は彼女は17年前に死んだ乙松の子供・雪子だったのである。
彼女は、自分が成長する姿を乙松に見せに現れてくれたのだ。



「主演高倉健、広末涼子の この映画のタイトルとは?」

20050918153035.jpg
「・・・鉄道員(ちんぽや)」



「結構!!」











koda-ma.jpg

yusaku-.jpg





(゚∀゚)
↑優しさを下さい投票
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いさポークビッツ?
よく出来た大豆のすすめのようで。
2005/09/18(Sun) 19:06 | URL  | ポディウム #-[ 編集]
肉体のわりに【13】のマスが小さいな(゚∀゚)
2005/09/18(Sun) 22:53 | URL  | メル #-[ 編集]
↑↑
流石鋭い指摘!
2005/09/19(Mon) 17:12 | URL  | ポディウム #-[ 編集]
おふたりとも鋭い!
2005/09/19(Mon) 18:32 | URL  | いさ #-[ 編集]
もう 私にはコメントが出来ない世界になってしまうのですねウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!・・・・・・・・・・・・・・(謎 (*’-’*)エヘ
2005/09/20(Tue) 19:03 | URL  | momomei #BcziMfI2[ 編集]
面白いブログが作れるか?
というやや試験的な意味合いが強いのですが

良いネタってなかなかコンスタントに思いつきませんね
2005/09/20(Tue) 23:27 | URL  | いさ #-[ 編集]
(゜д゜)スゴー
この記事、めちゃ上手くまとまってますねぇ!
いや、絵とか写真とか上手いうまいww
感心しながら読んでたのは、おそらく私だけw

あ、タイトル変わったんで変更しときました☆
そうか・・・そういう意図があったのか・・・
え?ウソだっけ?ホントだっけ?
(゜∀゜)マ、イッカァー
2005/09/21(Wed) 01:05 | URL  | chacha #-[ 編集]
大阪弁変換笑った -=≡卍\(゚∀゚ )ピタァ!

できれば土佐弁、東北弁バージョンも見てみたい!と舌の根も乾かないうちに欲を出しちゃいました☆

ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ
2005/09/21(Wed) 23:19 | URL  | さえ #r6D7sOkg[ 編集]
>Chachaさん
タイトルは、ちょくちょく変わるかもしれません
お手数をおかけしてすいませんw

>さえさん
みてみたいですねー

見たいけど、知りたいけどそれがない
そーゆーのは自分で作ればビジネスチャンス!
と多くの成功者のコメソトにもありますが・・・
2005/09/22(Thu) 04:14 | URL  | いさ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。