スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月23日 (日) | 編集 |
恋人に対する「好き」度の序列について

「今の彼女は今まで付き合った女のなかで何番目に好きですか?」

私はこの答えを無意識に出すことがある。

もっともその答えが要求される場面があっても嘘をつくのだが。



序列が上位の女性とのつきあいがどんなだったかを思い出してみる

愛されるキャラになりたいと願う日々

祈りにも似たセックス

相手のリアクション次第でドーパミンが流れたり

逆にのどの奥がつまるような感覚になったり


中位以下の女性とのつきあいは

相手の愛情を察知できるほどの余裕

面白いキャラを演出できる

必ずいかせるセックス



こういう序列をつくる俺は

理想主義においては重大な背信行為である。



リンクさせていただいております
人生適当でよしのメルさんが

「浮気ってどこから?」
「浮気されたらどうする?」
「浮気を白状されたらまたは逃れられぬ証拠を掴んだらどうする?」

についてブログで記述なさっていらっしゃいましたが


私の場合は相手の序列次第で、答えが変わりうる。

逆にいえば、そういう事態での自分の反応によって

その女性の「好き」度の序列の位置を再認識することになるだろう



そして明日のテーマは

なぜ
男は過去を引きずる 女は綺麗に忘れる 
という嘘が平気で語られるのか?
について
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
男女関わらず、引きずる恋と綺麗に忘れちゃう恋ってあるものねー
2005/10/23(Sun) 23:39 | URL  | chacha #-[ 編集]
__________
| 別れて速攻忘れる | 
|_____ ___|
         ∨
    (゚∀゚)
    ヽ  ヽ   
2005/10/31(Mon) 20:43 | URL  | メル #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。