スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年04月20日 (水) | 編集 |
( ゚ー゚)いさです

将棋の米長邦夫9段が
NHKに出演なさってた番組の再放送を見ました
テーマはネットとゲームについて

米長氏もネット将棋サイト「将棋倶楽部24」にお忍びで参加なさってらっしゃるようです。
そして実際指すことも多いそうですがアマチュアに負けることも普通に起こりえるそうです。(カメラの前で実際に指してた手合いでは負けちゃった)
そこで「われわれ(将棋プロ)は棋譜を残すことで飯を食っているようなものですが、こうした対戦の棋譜の著作権は一体どうなるのでしょうねぇ?」と疑問に感じていらっしゃいました。

(´-`).oO(プロの1手1手への注目度は非常に高いからなぁ

同時に、麻雀プロの1打1打は、結果的に和了した局やまわし打ちが成功した時しか注目されないのかな?とも考えてしまいました。

σ(゚∀゚ いさが強い方の牌譜を確認するときでも、その方が3位をとった試合なら
「なあんだ(この試合は負け試合だから見る価値ないぽ)」と思ってしまうところがあるんですよ。いさだけかな

そうそう、先日いさが東風始めたとき、超での試合をちょくちょく観戦させていただいていた方との対戦が、やっと叶ったんやけど
緊張したね。(・∀・) ニヤニヤ

/hのコマンドで牌をオープンにして
いさにもファンを作ろうかとおもってます(←氏ね)

みよ!いさのぬるぽ打ち
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。