スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年05月28日 (土) | 編集 |
( ゚ー゚)いさです

麻雀漫画の七不思議

①クイタンの蔑視
安いクイタン序盤に鳴く→敵からリーチがかかる
→焦る→放銃

( ゚д゚)焦ってクイタンなんかするから振るんだぜ
メンゼンで構え、敵リーチにはどっしりカウンターパンチを
くらわせるのが王道!みたいな描き方

クイタンで先制聴牌した人がそのまま和了するシーンなんて
みたことねー。(゚ーÅ) ホロリ
実際は普通に和了するでしょ?



クイタンめっさ大切。
メンゼンで先制聴牌取れないと判断したらクイタンでも愚形でも鳴いてみる価値はあるんじゃないかな?

メンゼンは楽です。
高得点を期待しているつもりで選んだメンゼン。ひょっとして鳴くのがおっくうになってるだけじゃないですか?

クイタンを選択することによって得点期待値がどの程度うpするのか
失点期待値がどの程度変化するのかを観察する必要があります

「振りやすい」とか「安手じゃトップ取れない」とかいうイメージを
振り払うことσ(゚∀゚
できるかな?できるかな さてほほー


リアルな描写じゃ漫画になんねーだろ
という良識をお持ちの方は クリック
よろしくお願いします
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。