スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年05月29日 (日) | 編集 |

麻雀漫画の七不思議

② 場の異変を感じ 安く流す強者。
「ロン!平和のみです」
「クッ、大物手(非リーチ手)を蹴られたぜ・・・」



都合よすぎや!!

ヽ(#´Д`)ノ


あのナァ、大物手蹴るのはええけどな、
それにもある程度リスクかけてるはずやろ?
だのに、得点1000点で割り合うんすか?

てかリーチかけたら一生和了できなかった手なの?何で判るの?

てかそんなに巧いなら危険牌つかんだら聴牌くずして降りるんやろ?

そのつかむまでのチャンスで和了できたのは



巧いじゃなくてLUCKって

いうんやヽ(#´Д`)ノ





Σ(゚Д゚)

(まだ聴牌しているかどうかわからないが)他家が高そうという理由で
「平和をダマに構える戦略」の是非について論争は絶えませんよね。

危険牌をつかむまで聴牌維持・・・
つかんだら降りる!ならこの戦略有効だと思うけど

σ(゚∀゚ オレなんか結構危険牌つかんでも
まだ大丈夫!などと言い聞かせてツモ切りしてまう。

ピンフダマで和了できて「ふっふっふ(ΦωΦ)」と悦に浸るも
他家がただのブラフだったりしたらただのあふぉなダマやんかw

σ(゚∀゚ 先制リーチかけとくべきだよね。大好きです、ハイ


でも例外は他家に役牌ドラ3が確定している場合。

こんときは( ゚д゚)ダマにしちゃうわ・・・
ブラフの可能性が限りなく低いし、終盤になればなるほど降り気味に
打ちたいところですから(*u_u)ェェ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。